产品
产品 内容

T : 400-007-3237

会员登录

Xinhua Silk Road:石炭コークス開発と一帯一路エネルギー協力で重要な環境保護の変革

发布时间:20-10-21 访问量:150 来源:HAIXUNPRESS

【北京2020年10月21日 HAIXUNPRESS】National Energy Administration(国家エネルギー局、NEA)の元副ディレクターでChina Energy Research Society(中国エネルギー研究会)の副議長であるWu Yin氏は、環境を保護し、低炭素で、現地の経済と社会の発展への恩恵は一帯一路(Belt and Road、B&R)の国際協力において重要な留意事項であると述べた。


第3回石炭コークス産業の環境保護開発に関する一帯一路セミナーが17日に中国北部・山西省の呂梁の県級市である孝義で開幕

第3回石炭コークス産業の環境保護開発に関する一帯一路セミナーが17日に中国北部・山西省の呂梁の県級市である孝義で開幕


The 3rd Belt and Road Seminar on Green Development of Coal Coking Industry(第3回石炭コークス産業の環境保護開発に関する一帯一路セミナー)で述べた、とりわけエネルギー業界におけるエネルギー協力に向けた環境保護変革に関するWu氏の考え方は、このイベントに国内外から参加した専門家と企業の代表者の共感を呼んだ。

China Electric Power Planning and Engineering Institute(中国電力計画・工学研究所、EPPEI)の国際事業開発担当副ディレクター、Fang Xiaosong氏は、一帯一路構想(BRI)はオープンで包括的な国際協力プラットフォームとして機能していると述べ、エネルギー開発が多様性と構造において「低炭素」を提示する中、一帯一路関連諸国にはエネルギー協力で非常に大きな可能性があると言及した。

こうしたトレンドはChina National Petroleum & Chemical Planning Institute(中国国家石油・化学計画研究所)のエネルギー・化学部門責任者兼次長のWang Yu氏も言及し、伝統的な化学産業は過剰生産能力を削減し、弱点に対応し、構造調整を行って2021年-2025年の間のアップグレードを促進することに重点を置き、新たなモメンタムを育成して安全で環境に優しく、持続可能な開発を達成すべきであるとした。

呂梁市の石炭コークス産業は使われない量の生産をなくし、省エネと排出削減、関連技術を促進することにも重点を置くべきとWang氏は述べた。

Choren Industries Group GmbHの技術部長、Henry Hemplel氏は、石炭を豊かに産出する省として、山西省は石炭産業の技術革新を高く評価している。そのため、企業は環境保護に役立って一層近代的な方法による産出を達成するよう要請されていると述べた。Hempel氏は、石炭が中国のエネルギー生産で重要なソースとして残ることを信じており、中国は石炭の環境保護開発とクリーンで高効率な利用に向かっていると付言した。

中国経済情報サービス・新華ファイナンス(CEIS)の研究センターでディレクターを務めるLuo Jiaodi氏によると、呂梁市は山西省の重要な石炭コークス産業の基地で、デジタル経済に向けて健全なモメンタムを持っている。Luo氏は、呂梁市は山西省が試みる総合的なエネルギー革命改革と、同市みずからを5Gプラスエネルギー産業の基準に構築するチャンスをつかむ可能性があると提言した。

呂梁市政府とCEISが共同開催のThe 3rd Belt and Road Seminar on Green Development of Coal Coking Industryは17日に中国北部・山西省の呂梁の県級市である孝義で開幕した。

海外メディアマーケティング:https://easybase.cc

ソフト文プロモーション:https://haixunpr.org/

中国のニュースリリース:https://haixunpr.com/

©版权 2006-2020上海易欢文化传播有限公司

©版权 2006-2020上海易欢文化传播有限公司

中国站 关于我们 行业智库 定价 案例 客服中心

首页

在线咨询

免费咨询

免费注册