价格查询 新闻检索

T : 400-007-3237

会员登录

ソウル半導体、2020 Audi A4にヘッドライトを供給

发布时间:20-09-28 访问量:120 来源:HAIXUNPRESS

ソウル半導体 WICOP Bi-color LEDが使用された2020 Audi A4モデル(出処:Audi)

ソウル半導体 WICOP Bi-color LEDが使用された2020 Audi A4モデル


韓国安山市--(HAIXUNPRESS)--  世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、2020 Audi A4 (B9フェイスリフト)のヘッドライトの昼間走行灯と方向指示器用にWICOP Bi-color (2-in-1) LED製品を供給したと発表した。

この採用事例は、ソウル半導体の製品がAudiヘッドライトに搭載された初めてのものとなる。WICOP Bi-color (2-in-1) LEDは、一つのパッケージで白色と黄色を同時に実装可能で、簡単な光学設計とスリムなデザイン、原価低減が特徴である。Bi-color (2-in-1) LEDにはソウル半導体のコアとなる特許技術のWICOPが適用されている。追加部品なく、基板にLEDを直接実装する設計により、均一で様々な大きさのライトを作ることができる。

また、ソウル半導体はすでにWICOPが持つスリム化の利点を生かしつつ、さらに小型になったWICOP Gen2 mini Bi-color製品を開発した。

Audiのヘッドライト開発担当者は、「WICOP Bi-color (2-in-1)は発光面の間隔が狭い所で発光するのに有利であり、一つのパッケージで白色と黄色を同時に実現できるので、ヘッドライト設計をさらに薄型にする可能性を開いてくれた」と語った。

ソウル半導体の関係者は「高輝度および放熱性能が優れたWICOP UHL (Ultra High Luminance)、自動車ヘッドライトや昼間走行灯に適した光源であるWICOP Gen2製品が相次いで開発されたことにより、欧州でもトップクラスの複数のランプメーカーからオファーを受けており、20件以上のグローバルプロジェクトが進行中である」と述べ、「今後もドライビングLED技術の開発に一層力を入れたい」と語った。

WICOPはパッケージが不要な世界初のLED技術であり、熱伝導率に優れ、軽薄短小なレンズ構成を容易に実現でき、車両用照明だけでなく高輝度TVや携帯電話用LCDバックライト、スマートフォンのカメラ用フラッシュ、高出力型一般照明などに幅広く使われている。


ソウル半導体について

ソウル半導体は、自動車、一般照明、特殊照明、バックライト市場に向けたLEDを開発し、商品化している。ソウル半導体は世界で第4位のLEDメーカーとして、10,000件以上の特許を保有し、幅広い技術を提供し、様々な製品を提供。たとえば、SunLike - サーカディアンリズムに合わせて最適化されたヒューマンセントリックな照明を実現する、世界でトップクラスの光の質を提供する次世代LED、WICOP - 器具レベルで市場トップクラスの色の均一性とコストの節約を提供する究極にシンプルな構造のパッケージフリーLEDで、高いルーメン密度と設計のフレキシビリティが特徴、NanoDriverシリーズ – 世界最小の24W DC LEDドライバ、Acrich - 2005年に開発された世界初の高電圧AC駆動LED技術で、チップからモジュール、回路製造、マルチジャンクション技術(MJT)までのすべてのAC LED関連技術を網羅する、nPola - 従来のLEDの10倍以上の出力を達成するGaN基板技術に基づく新しいLED製品、など。UCDはNTSC 90%以上を実現する高色域ディスプレイを構成。


海外メディアマーケティング:https://easybase.cc

ソフト文プロモーション:https://haixunpr.org/

中国のニュースリリース:https://haixunpr.com/


©版权 2006-2020上海易欢文化传播有限公司

©版权 2006-2020上海易欢文化传播有限公司

中国站 关于我们 行业智库 定价 案例 客服中心

首页

客服中心

免费咨询

免费注册